「コードを覚えたい!!」と思っているあなたへ。

世の中に同じように考えている人はたくさんいます。
そこで!! 少しずつだけど確実に、みんなで学んでいきませんか?
第1回 まずは音の名前を覚えよう!!
第3回 「Major Code(メジャーコード)」と音程との関係!!
<第2回>テーマ・・・「コード」ってなんぞや?!
『第1回』では「音の名前」について勉強をしました。
今回は、「そもそもコードってどういうものなのよ?!」というところを勉強していきましょう!

★勉強を続ける前に《決まりごと》を1つ。
今後、この「コードマスターへの道」で『音名』は伊語の「ドレミファソラシド」を使用します。
※「音の名前」は絶対的なものとして使いますので、「移動ド」などをご存知の方はご注意下さいね☆
(もう1度『第1回』を勉強してから進む方はコチラからどうぞ!)
「表 I」
「コード」とは、『音が3つ以上集まった音のグループ名』です。
時々、コードの中でも「2つの音」しか鳴っていない場合がありますが、それはコード内の音を省略した形になっています。
そして、音が3つ集まった音のグループを「三和音」(※これは、「トライアド(Triad)」とも呼ばれています。)といって、コードを勉強していく過程で基本となる、とても重要なものです。
♪それでは、今回は、よく使われる基本的なトライアドコード(三和音)を1つ作ってみましょう。
(上の「表I」を見ながら進んでいってください☆)

《手順1.》まずは三和音の3つの音のうち、基準となる音(ルート音)を決めてみましょう。

・・・ここでは、上の表から「ド」の音をルート音とします。

《手順2.》残りの2つの音を決めます。

ルート音「ド」から、白い鍵盤だけを1つずつ跳ばして、音をひろっていきます。⇒「ド」-「ミ」-「ソ」・・・これで3つの音が揃いました。
⇒これが「C」のコード(C-major)です!(注:「major」や「minor」などに関しては、後日改めて勉強をします。なお、通常「C」とだけ書かれているものは、「major」を略した書き方です。)

ちなみに、『コード名』は、ルート音にした音の「音名」、英・米語読み(※忘れちゃった人は「第1回」を見てください)を使用します。
∴「ド」=「C」なので、「ド・ミ・ソ」は「C(C major)」のコードとなります。
★「C」のコードのおさえ方
《 鍵盤の場合 》
「表 II」
※黒鍵を数えずに白鍵だけを1つとばしにする。
《 ギターの場合 》
「表 III」
※通常ギターは6弦から成っていて「1弦(高)→6弦(低)」は「ミ-シ-ソ-レ-ラ-ミ」という音の構成になっています。
上の図のように抑えると、「1弦(高)→6弦(低)」が「ミ-ド-ソ-ミ-ド-ミ」という音が鳴るようになり、「C」コードのグループに入った音だけが鳴る仕組みになっています。
(※6弦(ミの音)を鳴らさずに、「ルート音」がわかるような弾き方が使われます。)
結論 和音のグループが、何の音で構成されているか、によってコード名がわかります。
世間一般で「コード名」は『第1回』で勉強した「英・米語」が使用されています。ルート音が「ド」の時のコードはC、レ=D、ソ=G・・となるのです。
♪今回は、基本的な三和音(トライアド)のC-majorの勉強をしました。
これからも少しずつ一緒に勉強してゆきましょう!それでは今回の復習問題です。
「表 I」(ミニ)
1.基本編・・・上の「表I」を参考に、音符を読んで質問に答えてみましょう。
次のうち、「C」のコードの仲間を全てお選びください。答えは3つです。
解答を入力して下さい
☆コードの下にある「数字」でお答えください。数字と数字の間は「,(半角カンマ)」で区切って記入して下さい。

2.応用編・・・上の「表I」を参考に、今回の勉強内容をしっかり復習してから、音符を読んで質問に答えてみましょう。
次のうち、「G」のコードの仲間を全てお選びください。答えは3つです。
解答を入力して下さい。
☆コードの下にある「数字」でお答えください。数字と数字の間は「,(半角カンマ)」で区切って記入して下さい。


==次回予告==
次回からは、いよいよ「コードの種類」を紹介していきます。
年4回更新の予定ですので、少しずつ確実に覚えていけるよう頑張って学んでいきましょう☆