ハモリ講座
「連続講座第5回」ネコでもわかる音楽理論の基礎〜その2
目次のページに戻る
年が明けてしまいましたが、だんだんに、どうやったら実際にアレンジできるのか? というところに入っていきます。今までの理論を一通り復習してみて下さい。そして、 それをきちんと理解できれば、これからの内容についても、大丈夫です。

今回は、和音の話が中心になります。

1.和音の話
2.基本のコードネーム
3.和音の役割と連結
4.音楽はカデンツの集合体

【1.和音の話】

基本的な和音は、ドミソ、レファラ、というように、3度ずつ(音程の度数、憶えて いますか? 忘れた人は、前回の連載を精読して下さい!こちらから)音を重ねた状態をいいます。

和音を学ぶためには、最初は、コードネームで憶えるよりも、その調の中での 和音の役割を理解する必要がありますので、以下のように、和音を憶えていきましょう。 前回の、音階のところで、ドレミファソラシド、ではなく、I−II−III−IV−V−VI−VII という風に数字で憶えましたよね(図1ーI)。和音も同じです。
Iの和音だったら、一つおきに、 I−III−V という和音になります。ハ長調だと、ドミソです。II の和音は 、II-IV-VI 、III の和音は、III-V-VII となります。(IV の和音は、IV-VI-VIII ではなく、VIII=I の音なので、IV-VI-I です。)(図1−II)
次に、各和音に含まれる音が、それぞれどういう音程関係になっているのか、詳しく見て みましょう。
ドレミファソラシドのように、長調の音階で考えてみます。分かりやす いように、ハ長調の階名も併記します。
I の和音(I-III-V)(ドミソ) I-III(ド-ミ)= 長3度
III-V(ミ-ソ)=短3度
I-V(ド-ソ)=完全5度
II の和音(II-IV-VI)(レファラ) II-IV(レ-ファ)=短3度
IV-VI(ファ-ラ)=長3度
II-VI(レ-ラ)=完全5度
IIIの和音(III-V-VII)(ミソシ) III-V(ミ-ソ)= 短3度
V-VII(ソ-シ)=長3度
III-VII(ミ-シ)=完全5度
IVの和音(IV-VI-I)(ファラド) IV-VI(ファ−ラ)= 長3度
VI-I(ラ−ド)=短3度
IV-I(ファード)=完全5度
Vの和音(V-VII-II)(ソシレ) V-VII(ソ−シ)= 長3度
VII-II(シ−レ)=短3度
V-II(ソ−レ)=完全5度
VIの和音(VI-I-III)(ラドミ) VI-I(ラード)= 短3度
I-III(ド−ミ)=長3度
VI-III(ラ−ミ)=完全5度
VIIの和音(VII-II-IV)(シレファ) VII-II(シーレ)= 短3度
II-IV(レ−ファ)=短3度
VII-IV(シ−ファ)=減5度
それぞれの和音の最初の音(Iの和音だったら、Iの音、ドミソの和音のドの音です) を根音(英語だとルート)と言います。それぞれの和音で、根音が一番下に来 ている和音を基本形と言います。

ここで、長調の各和音を見てみると、いくつかのパターンに分けられます。

一つ目のグループ・・・Iの和音、IVの和音、Vの和音
二つ目のグループ・・・IIの和音、IIIの和音、VIの和音
ちょっと番外・・・・・VIIの和音

なんでこの3つのパターンに分けられるかは気づきましたか?

一つ目のグループをピアノで弾いてみると、明るい印象で響きます。これを、長3和 音(メジャー・トライアド)と言います。反対に、二つ目のグループは、暗い感じがする和音ですよね、これを 短3和音(マイナー・トライアド)と言います。
 この二つのグループは、両端の音同士は、どちらも完全5度なのですが、真ん中の音の高さが、半音違っています。長3和音は、根音と真ん中の音 が長3度、短3和音は、短3度なのです。(図2ーI)

番外のVIIの和音ですが、根音から真ん中の音、真ん中の音から上の音までが、どちらも短3度で、両端の音同士は、減5度になります。こういう和音を減3和音(ディミニシュ・トライアド)と言います。

【2.コードネームの基礎】

 ここで、コードネームの基礎について触れておきます。コードネームというのは、 楽譜の上にアルファベットで記してある記号です。これを見れば、その時に鳴らす和 音が一発で分かる仕組みになっています。まず、大文字のアルファベット、

C、D、E、F、G、A、B

等ですが、これは、和音の根音(=ルート)を示します。さらに、大文字の後に何も ない場合、長3和音であることを示します。たとえば、

Cだったら、ドミソの和音、
Fだったら、ファラドの和音です。

もう一度言いますが、根音と真ん中の音までが長3度、真ん中と上の音までが短3度 、両端が完全5度です。

それじゃあ短3和音はどのように記すのかですが、大文字の後ろに、小文字の「m」 を書きます。

Cm、Dm、Em、Fm、Gm、Am、Bm、という風です。

ここで、ハ長調の和音を、コードネームで書いてみましょう。(図1−II参照)

I II III IV V VI VII
C Dm Em F G Am Bdim
となります。VIIの和音だけが、減3和音ですから、唯一他とは違った文字がついてい ます。dim は、ディミニッシュと言います(図2参照)
 コードネームは、コードネームを見ながらギターやピアノで和音を弾いたりするのに とても便利です。
 でも、理論の世界では、コードネームではなく、【1】で書いたように調の中での何番目の和音か、という数字で勉強していきます。
なぜかというと、それぞれの和音は、ある調の中で何番目に出てくる和音なるのかで、それぞれの役割があって、たとえば、同じドミソの和音でも、ハ長調に出てくるドミソ(最初に出てくる和音です)と、ト長調で出てくるドミソの和音(4番目に出てくる和音です)では、役割が全然違うのです。それは、そ の調の曲の中で、他の和音がどう鳴るかで、相対的にドミソの和音のカラーが違っ て聴こえるということなのです。
では、和音の役割と連結について、話を進めましょう。
【3.和音の役割と連結】

 【1】で、和音を音程の関係関係によって性格分けしました。こんどは、和音をつなげて行くにあたっての、取り決めについて書きたいと思います。
中学の英語の授業で、主語−述語−目的語、とか、主語−述語−目的語−補語とか って勉強しませんでしたか? 和音の連結にも、そういう取り決めがあります。文章み たいに、一つの調の中での役割が決まっているんですね。その役割(英語でいうと、 主語、目的語、とかです)をまず覚えて下さい。

ア.和音の役割

 和音の理論では、それらの役割をトニック、ドミナント、サブドミナントと性格付けしています。
カッコで囲まれたアルファベットは、 ハ長調(CMajor)でのコードネームです。

トニック I VI(Am)
サブドミナント IV(F) II(Dm)
ドミナント V(G)
あれ? と思う人もいると思います。取りあえず今は、和声学の基礎段階ですから、こ の和音で話を進めます。IIIの和音とVIIの和音は、伝統的な和声学では、ほとんど使 用しません。基本的な和声の構造を理解した後で、IIIとVIIの和音についても学びま しょう。
(1)『トニック』
『トニック』はその調の主和音です。主和音というのはIの和音、 ハ長調でいうとドミソの和音のことです。この和音は調の中で最 も安定した音なので、オーソドックスな曲であれば主和音から始 まって主和音で終わるのが普通です。 そして、トニックには、主和音であるIの和音の他に、VIの和音 (ハ長調のラドミ)も含まれます。これは、どういうことかと言うと、 IとVIの和音は、その調の主和音の「表と裏」の関係と考えて下さい。
人間、誰でも、明るい部分と暗い部分を持っていますよね、良く、 陰陽なんて言ったりしますが、全ての調に、平行調という陰陽の ペアーを持っています。陽がハ長調だったら、陰はイ短調です。
つまりは、表も裏も同じ人間であるように、同じトニックだと考えることができるのです。
 ハ長調のIの和音(ドミソ)は、平行調であるイ短調のVIの和音(ラドミ) と、ドとミの音を共有していますよね。なので、音楽が進んできて、 そろそろ安定したいな、と言うときに、表で安定するか、裏で安定 するか、という違いだけなのです。もちろん、表で安定するのが一番ホッと しますが。
(2)『サブドミナント』

『サブドミナント』は、トニックと性格が似ています。トニックとドミナントの 間を取り持ったり、トニック同士をつないだりするときに、より、響きを豊にして 音楽に幅を持たせる役割を持っています。
サブドミナントの和音は、IV、ハ長調で言うとファラドです。ハ長調の下属音を 根音として持っている和音ですので、「下属和音」と言います。トニックと同様に、 サブドミナントにも表と裏があります。IVの和音を表だとすると、その平行調に あたる3度下の和音、IIが裏になります。なので、サブドミナントは、IVとIIの 和音ということになります。
(3)『ドミナント』

ドミナントは、その調の中で一番不安定な和音です。ハ長調ではソシレですが、 ソシレの真ん中の音が、導音になっています(図3)(講座の1回目参照)。 導音は、その調の主音にどうしても移動したくなってしまう音です。なので、ドミナントの和音 が響くと、自然にトニックに解決したくなってしまうのです。ドミナントの根音は、 Vの音、ハ長調でいうとソの音で、これは、「属音」と言いますから、Vの和音の ことを「属和音」と言います。
ドミナントというのは、英語のdominate(=支配する)という言葉から来ています。 実際に、調の一番安定している和音はトニックなのですが、その調を支配している 和音が、一番不安定な和音だ、というのは面白いですよね。思わずトニックに進む ことを期待させるような響きが、その調を支配しているんだ、というネーミング と言えるでしょう。
もちろん、ドミナントにも、裏と表の和音があります。でも、ドミナントの裏の和音 については、後ほど触れます。ちょっと、他の和音とは事情が違って少し込み入って いるのです。
イ.終止型(=カデンツorケーデンス)

 トニック、サブドミナント、ドミナントのそれぞれの役の登場には、英語の文法で、 主語、述語の登場する順序が決められているように、決められた順序(コード進行と 言います)があります。コード進行には、それぞれたくさんのパターンがありますが、 その基本的な形を終止型と言います。原則的には全ての和音の進行は、安定している 音から始まり、不安定な音を経て、また安定した音に「終止」する、というふうになっ ています。イタリア語でカデンツ、英語でケーデンスと言います。

終止型は、
T−D−T
T−S−T
T−S−D−T
(T=トニック・D=ドミナント・S=サブドミナント)

という3つのパターンです。ハッキリ言って、このパターンの組み合わせでバランス を整えていけば、曲がつくれるし、全ての曲は、このパターンの連結に従っていると 言っても過言ではないです。

よく、子供の発表会とか、小・中学校の音楽の授業の最初と最後に、ピアノの和音に 従ってお辞儀しますよね、和音を書くと「I−V−I」という和音なんですが(図4 )、これは、上の、「T−D−T」の連結です。結婚式で歌ったりする賛美歌の 最後に、「アーメン」って歌いますが、和音は、「I−IV−I」で、「T−S−T」です。(図5)


具体的に和音をあてはめると、

T−D−Tなら、I−V−I(VI)
T−S−Tなら、I−IV−I
T−S−D−Tなら、I−IV(II)−V−I(VI)
(図6)になります。(基礎で学ぶ和声学理論では、II−I、IV−VIの進行は除外して おきます。)

【4.音楽はカデンツの集合体】

 ここで、キラキラ星を例としてあげて、終止形がどのように当てはまっているのか 見てみましょう。(図6)。このように、曲の中で、和音の連結が、理論的に収 まっていると、すごく自然に聞こえることが理解できましたか?

 では、さっそっく、キラキラ星の曲に和音を当てはめて、基本的なアカペラコーラ スを作ってみます。まず、基本的な、ソプラノ、アルト、テノール、バス、という形式で、 和音は、すべて根音をベースにします。そしてなにより、皆さんがここまで読んだ範囲 で和音をつけたいと思います。
まず、基本的な、ソプラノ、アルト、テノール、バス、という形式で、 和音は、すべて根音をベースにします(図7)。楽譜をクリックすると大きくなります。
このまま歌えば、きちんとしたアカ ペラコーラスとして十分綺麗に響きます。ただし、まだ、この和音は本当に基本中の基本 です。 お料理で言えば、材料を並べたというところです。
 次回からは、さらにもう一歩進んでみたいと思います。
目次のページに戻る