ピアノには88鍵をこえるグランドピアノがある

ベーゼンドルファー・インペリアルは、97鍵で、低音域に伸び完全な8オクターブとなっています。
つまり88鍵ピアノよりもオクターブ低いAが出るのです。
全長も2メートル90というビッグサイズ。
これは、ピアニストであり作曲家であり、数々名アレンジを世に残している19世紀の巨匠ブゾーニが、J.S.バッハの「パッサカリア ハ短調BWV582」を編曲の際、オルガンの32フィートパイプの音をピアノに求めたことによるものです。

このピアノを使って、作曲家松本俊明は作品を作っています。その楽譜が現在@ELISEだけで発売になりました。
ご覧になる方はここをクリックして下さい。
前のページに戻る
特集ページに戻る