iPadやiPhoneなどで楽譜のダウンロードや閲覧をする方法

iOS5.0以降iPadやiPhone、iPod touchなどで@ELISEの楽譜データをダウンロード、ならびに閲覧をする方法をご紹介します。
基本的には、パソコン同様「Adobe Reader」のアプリ版でご覧いただけますが、各端末や使用アプリケーションの利用上の注意をよくご覧いただき、
お客様ご自身の責任の上でご利用ください。
「Adobe Reader」の名称が、バージョン11を区切りに「Adobe Acrobat Reader DC」に変わりました。
操作方法は基本的には変わりませんので、適宜「Adobe Acrobat Reader DC」に読み替えてくださいますようお願いいたします。

■留意点■
iOS5.0以降で確認しています。iOS5.0以前のOSはサポート対象外となります。
・「Adobe Reader」がインストールできない場合は、iOSのアップグレードが必要です。
・「iPad」と「iPhone、iPod touch」では表示方法が異なる場合があります。
・ここでご紹介している操作方法や画像は「iPad」のものです。
・音源のダウンロードには対応していません。パソコンでのダウンロードをお願いいたします。

1:「Adobe Reader」のアプリをインストールする。(無料)

楽譜の閲覧・保存には「Adobe Reader」のアプリのインストールが必要です。既にインストールされている場合はこの操作は不要です。

1-1:App Storeアプリを起動し、検索から“Adobe Reader”と入力して検索します。【図1】

1-2:検索結果が出てきたら、“Adobe Reader”を選択して詳細を開き、アプリをインストールします。【図2、図3】

1-3:端末のホーム画面に“Adobe Reader”のアイコンがあればインストール完了です。【図4】

AdobeReader検索方法 AdobeReaderインストール AdobeReaderインストール2 AdobeReaderインストール確認
図1図2図3図4

2:@ELISEで楽譜データを購入し、ダウンロードをする。

2-1:iPadなどの端末でSafariなどのインターネットブラウザを利用し、楽譜を購入します。
   →@ELISEを初めてご利用の方楽譜購入体験

2-2:決済が終了すると楽譜をダウンロードできるページに移動します。【図5】
   「ダウンロード」というボタンをタップすると楽譜ファイルを一時的にダウンロードします。
   ※複数楽譜を購入した方は、「ダウンロード」ボタンを長押しタップして、新規ウインドウで楽譜を開いてください。

2-3:ダウンロードが完了すると、パスワードを入力する画面に移りますので、購入時に設定したパスワードを入力してください。
   (Adobe Readerアプリがインストールされていないと表示されません。)【図6】

2-4:パスワードが正しければ、インターネットブラウザ上で楽譜を閲覧することができます。【図7】

@ELISEダウンロードページ ブラウザ展開でのパスワード入力画面 ブラウザ上での楽譜閲覧
図5図6図7

3:楽譜を端末に保存する

楽譜をいつでも閲覧できるように、端末にデータを保存します。

3-1:楽譜をインターネットブラウザ上で表示している状態で、画面上をタップすると上側に黒いバーが出てきます。
   右上の「Adobe Readerで開く…」もしくは「次の方法で開く…」をタップします。【図8】
   ※「Adobe Readerで開く…」を選択した場合は、自動的にAdobe Readerが起動します。

3-2:「次の方法で開く…」をタップすると、インストールされているアプリの一部が表示されますので、その中から「Adobe Reader」を選んでタップします。【図9】

3-3:タップするとAdobe Readerのアプリが起動しますので、もう一度パスワードを入力します。【図10】

3-4:パスワードが正しければ、Adobe Readerのアプリ上で楽譜を閲覧することができ、楽譜もAdobe Readerのアプリ内に保存されます。【図11】
   ここまでで一旦操作完了です。あとは、楽譜を見たくなったときに下の4番以降やっていただければ期限に関係なくいつでも楽譜が見られます。

AdobeReaderで閲覧する方法1 AdobeReaderで閲覧する方法2 AdobeReader上でのパスワード入力画面 AdobeReader上での楽譜閲覧
図8図9図10図11

4:保存した楽譜を見る

保存した楽譜を閲覧する方法です。

4-1:ホーム画面からAdobe Readerのアプリを起動し「文書」という項目をタップすると、
   保存された楽譜の一覧が出てきます。【図12、図13】

4-2:見たい楽譜をタップしてパスワードを入力すると、楽譜を閲覧することが出来ます。【図14】

ホーム画面 AdobeReader起動時 AdobeReaderで保存した楽譜
図12図13図14

5:楽譜を印刷する(多くの場合、パソコンが必要です)

楽譜の印刷に関しましては、少し工夫が必要です。
「Adobe Reader」のアプリからの印刷は、一般的な文書であれば無線印刷が可能ですが、@ELISEの楽譜は対応していないようです。
お持ちのプリンターが無線印刷に対応しているようでしたら、そのプリンターのメーカーから配布されているアプリで印刷する・・・といったような方法で可能な場合がありますが、これで不可能な場合は、パソコンでの印刷をお願いしております。
【プリンターメーカーのアプリで印刷が可能な例】

5-1:プリンターメーカーのアプリをインストールしておきます。

5-2:「Adobe Reader」のアプリで楽譜を開きます(上記4の手順)。

5-3:画面上をタップし、表示されるメニューの中から「□」の中に「↑」が描かれたマークをタップし、「開く...」を選択します。

5-4:どのアプリで開き直すかが表示されますので、プリンターメーカーのアプリを選択します。

5-5:プリンターメーカーのアプリの画面に移りますので、Adobe Readerで開くとき同様パスワードを入力して楽譜データを開きます。

   ※自動的にパスワード入力が求められない場合があります。画面上に「アンロック」などの表示があれば、タップしてみてください。

5-6:アプリの指示や設定に従い、印刷をします。

【パソコンで印刷する方法】

5-1:端末とパソコンをUSBケーブルで接続し、iTunesを起動させます。

5-2:iTunes上で、端末が認識したら下図の順番通りクリックします。【図15】
 :お客様のお使いのiPadなどの端末を選択します。
 :「App」タブを選択します。
 :下にあるアプリの中から「Adobe Reader」を選択します
 :iPadで購入した楽譜は「inbox」内に保存されているので、「inbox」フォルダを選択します。
 :「保存先」のボタンを押すと、パソコンに保存する場所を指定できます。

5-3:パソコンに楽譜データを保存できたら、パソコン上で楽譜を展開し印刷をしてください。

端末からPCへの転送方法
図15

iPadなどで楽譜がダウンロードや閲覧ができなかった時

iPadなどを使って楽譜データをダウンロードボタンした際に、環境によってはダウンロードが正常に行われない場合があります。
(例:ダウンロードボタンを押すと、真っ白な画面が表示される・・・など。)

もしこのような場合は、購入手続きの際にご入力いただいたメールアドレス宛に、「@ELISE購入明細」が届いているかを確認後、
「パソコン」にて、@ELISEの「再ダウンロードコーナー」から、楽譜データのダウンロードをお願いいたします。
なお、ダウンロードは、購入日より1週間以内10回までとなっておりますのでご注意ください。