「ディサフィナード / Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)」のギター・ソロ譜 | 楽譜提供:リットーミュージック

「ディサフィナード」Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト) / ギター・ソロ譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 864円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 0円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル ディサフィナード
原題 DESAFINADO(SLIGHTLY OUT OF TUNE)
アーティスト Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)
楽譜の種類 ギター・ソロ譜 提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca
編曲
ジャンル ボサノバ・ラテン・ワールド
作成法 スキャン
テーマ
年代 1990年代
ページ数 6ページ
サイズ 710.2KB
掲載日 2014年1月17日

この曲・楽譜について

曲集「ギター・ソロ ジョアン・ジルベルト ~ボサ・ノヴァ・ギター完全コピー」より。1993年5月28日発売のアルバム「JOAO GILBERTO 38 TITRES DE BOSSA NOVA」収録曲です。歌詞なしの楽譜で、最初のページに演奏のアドバイスがついています。■出版社コメント:ボサ・ノヴァを生み出した、天才ジョアン・ジルベルトのギター完全コピー譜集『ジョアン・ジルベルト?ボサ・ノヴァ・ギター完全コピー』(絶版)より。「想いあふれて」に続く、ボサ・ノヴァ第2弾の作品としてジョアンが録音した曲。曲名は“調子はずれ”という意味。夜の酒場で下手な歌手の伴奏をさせられたジョビンらが、彼らの音痴を揶揄して冗談半分で書いた曲。歌詞に“これがボサ・ノヴァだ”というくだりがあるが、世にボサ・ノヴァの存在を知らしめた曲でもある。