2つの詩曲 op.32 第1曲 嬰ヘ長調:スクリャービン | ピアノ・ソロ譜 上級 | 提供:教育芸術社 の楽譜詳細

「2つの詩曲 op.32 第1曲 嬰ヘ長調」スクリャービン / ピアノ・ソロ譜 上級 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
480円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 2つの詩曲 op.32 第1曲 嬰ヘ長調
原題
アーティスト スクリャービン
ピアノ・ソロ譜/上級
提供元 教育芸術社
作詞
作曲 スクリャービン
編曲
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 3ページ
サイズ 1014.7KB
掲載日 2007年5月23日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
〈2つの詩曲 op.32〉が書かれた1903年には,実に多くのピアノ曲が生まれ,それらはまるで20世紀の幕開けを告げるかのように独創性を強く帯びている。この〈第1曲 嬰ヘ長調〉は,右手の旋律と左手の伴奏からなる叙情的なノクターンを思わせるが,〈左手のための2つの小品 op.9〉のようなロマンティックな雰囲気とはかけ離れた,新しい響きをもっている。スクリャービンは,神秘和音と呼ばれる独特な和声の試みを,初めてこの作品の2小節目と7小節目で行っている。