「華麗なる大円舞曲 / ショパン」のピアノ・連弾譜(初中級) | 楽譜提供:リットーミュージック

「華麗なる大円舞曲」ショパン / ピアノ・連弾譜(初中級) 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 480円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 華麗なる大円舞曲
原題
アーティスト ショパン
ピアノ・連弾譜 / 初中級 提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 Frederic Chopin
編曲 高橋 美夕己
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 4ページ
サイズ 695.2KB
掲載日 2013年11月1日

この曲・楽譜について

ワルツ第1番 変ホ長調 No.18は、ショパンが初めて作曲したワルツです。ピアノスタイル特集もご覧ください!■出版社コメント:「ピアノスタイル2010年4月号」より。ショパンは生涯でワルツを19曲作りましたが、23歳のときに作曲した初めてのワルツがこの「華麗なる大円舞曲」です。演奏旅行のために19歳からウィーンを訪れていたショパンは、当時現地で流行っていたウィンナワルツを好みませんでした。しかし華やかな曲想で人気を得たいという考えから、この曲を世に送り出すことに決めたのです。そのため、ヨハン・シュトラウス1世らによるウィンナワルツとは一線を画す方向で作られており、舞踏曲を意識した曲想になっています。この曲は左手の跳躍が難易度を上げていますが、ここではかんたんな連弾譜でそのポイントをクリア! 当時の様子を思い描きながら、優雅に演奏してみましょう。■最初のページに演奏のアドバイスがついています。