前奏曲 嬰ハ短調(ラフマニノフの鐘):ラフマニノフ | ピアノ・ソロ譜 上級 | 提供:リットーミュージック の楽譜詳細

「前奏曲 嬰ハ短調(ラフマニノフの鐘)」ラフマニノフ / ピアノ・ソロ譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
480円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 前奏曲 嬰ハ短調(ラフマニノフの鐘)
原題
アーティスト ラフマニノフ
ピアノ・ソロ譜/上級
提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 Sergei Rachmaninov
編曲 石川 芳
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 4ページ
サイズ 991.9KB
掲載日 2013年11月8日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
幻想的小品集 Op.3 No.2 前奏曲嬰ハ短調です。女子フィギュアスケート浅田真央選手の2009-2010シーズンのフリープログラム演技に使用されました。ピアノスタイル特集もご覧ください!■出版社コメント:「ピアノスタイル2010年2月号」より。“鐘”の愛称で親しまれているラフマニノフのピアノ曲。ロシアの空気を感じさせるような荘厳で美しい楽曲です。モスクワ音楽院を卒業してからすぐ後に書かれた作品のひとつで、自身の演奏による初演時は聴衆から熱烈な支持を受けたことが記録されています。原曲はとても難易度の高い曲ですが、ここでは上級レベルながら弾きやすいアレンジを実現。ぜひ挑戦してみてください!なお、“鐘”という名前は出版社が楽譜を出す際に“モスクワの鐘”などとタイトルをつけたことから定着したそう。また、のちに彼は「鐘」とタイトルをつけた合唱交響曲も作曲しています。■最初のページに演奏のアドバイスがついています。■模範演奏はこちらで御試聴いただけます。(リンク先:株式会社リットーミュージック)
この曲に関連する他の楽譜をさがす
キーワードから他の楽譜をさがす