美しく青きドナウ(An Der Schonen Blauen Donau Op.314):ヨハン・シュトラウスII世 | ピアノ・ソロ譜 上級 | 提供:リットーミュージック の楽譜詳細

「美しく青きドナウ(An Der Schonen Blauen Donau Op.314)」ヨハン・シュトラウスII世 / ピアノ・ソロ譜 上級 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
600円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 美しく青きドナウ(An Der Schonen Blauen Donau Op.314)
原題
アーティスト ヨハン・シュトラウスII世
ピアノ・ソロ譜/上級
提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 Johann Strauss II
編曲 石川 芳
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 8ページ
サイズ 1.2MB
掲載日 2013年11月15日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
最も有名なウィンナワルツのひとつです。ピアノスタイル特集もご覧ください!■出版社コメント:「ピアノスタイル2009年12月号」より。毎年元旦に行なわれ、世界各国にライブ中継されるウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。60年以上の歴史を誇るこの演奏会のアンコールで、必ず演奏されるのが「美しく青きドナウ」です。誰もが知っているワルツの代名詞的な存在で、“ワルツ王”と呼ばれたヨハン・シュトラウスII世が41歳の頃(1867年)の作品。普墺戦争に敗れたオーストリアの人々を元気づけたいという祖国への愛国心が、作曲の動機になったと言われています。1867年のパリ万国博覧会で演奏されたのをきっかけに有名になり、“第2の国歌”と称えられるようになったこの曲。オーストリアの人々の誇りとなっている名曲です。■最初のページに演奏のアドバイスがついています。■模範演奏はこちらで御試聴いただけます。(リンク先:株式会社リットーミュージック)