アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章より:モーツァルト | ピアノ・連弾譜 初中級 | 提供:リットーミュージック の楽譜詳細

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章より」モーツァルト / ピアノ・連弾譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
600円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章より
原題 EINE KLEINE NACHTMUSIK
アーティスト モーツァルト
ピアノ・連弾譜/初中級
提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 W.F.Mozart
編曲 麻緒 岳典
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 9ページ
サイズ 842.5KB
掲載日 2014年2月21日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
「小さな夜曲」という意味のこの曲は、1787年、父の訃報を知ったモーツァルトが、当時作曲中だったオペラ「ドン・ジョバンニ」を中断して書かれたといわれています。K.525より第1楽章、オリジナルキーの楽譜です。ピアノスタイル特集もご覧ください!■出版社コメント:「ピアノスタイル2007年10月号」より。1787年、モーツァルトが31歳のときに作ったセレナーデ。セレナーデとは、晩餐会のBGMや、恋人の窓辺で歌われるなど野外で演奏される目的で作られた、楽しく安らぎのある音楽のこと。モーツァルトが残した13のセレナーデの中でも最も有名で、ユニゾンで奏でる弦楽器の調べが優美な曲です。■最初のページに演奏のアドバイスがついています。■模範演奏はこちらで御試聴いただけます。(リンク先:株式会社リットーミュージック)
この曲に関連する他の楽譜をさがす
キーワードから他の楽譜をさがす