「The Typewriter<弦楽合奏/弦楽4重奏>(フルスコア+パート譜) / Leroy Anderson」のアンサンブル譜 | 楽譜提供:アール・ワン企画

「The Typewriter<弦楽合奏/弦楽4重奏>(フルスコア+パート譜)」Leroy Anderson / アンサンブル譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 1080円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 0円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) 216円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) 216円 (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル The Typewriter<弦楽合奏/弦楽4重奏>(フルスコア+パート譜)
原題
アーティスト
楽譜の種類 アンサンブル譜 提供元 アール・ワン企画
作詞
作曲 Leroy Anderson
編曲 Ryuichi Horikoshi
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代 1950年代
ページ数 18ページ
サイズ 749.4KB
掲載日 2018年5月22日

この曲・楽譜について

ルロイ・アンダーソンが1950年に作曲した管弦楽曲で、弦楽合奏と弦楽4重奏兼用で使える楽譜です。
●フルスコアと各パート譜のセットです。パートは、Typewriter、Violin I、Violin II、Viola、Violoncello、Double Bassです。サンプルは、スコアと各パート譜の1ページ目です。●音源は、電子的に作成された模範演奏音源です。
■編曲者コメント:タイプライター(The Typewriter)は、ルロイ・アンダーソンが1950年に作曲した管弦楽曲でルロイ・アンダーソンの最も有名な作品のひとつです。タイプライターが楽器として、キーをタイプする音、タイプ部分がある程度右側に近づくと「チーン」と鳴るベル音、1行打ち込んだ後で紙を固定するシリンダー(キャリッジ)を次の行の先頭に戻す(キャリッジ・リターン)レバー操作とそれに伴う作動音が使用されています。これを弦楽合奏と弦楽四重奏で演奏できるように編曲しました。「Typewriter」の部分は打楽器で代用して演奏するることが可能です。
弦楽四重奏で演奏するときはダブルベースのパートを使わずに演奏します。