ラプソディ・イン・ブルー:George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン) | ピアノ・ソロ譜 上級 | 提供:シンコーミュージック の楽譜詳細

「ラプソディ・イン・ブルー」George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン) / ピアノ・ソロ譜 上級 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
324円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
450円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル ラプソディ・イン・ブルー
原題
アーティスト George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン)
ピアノ・ソロ譜/上級
提供元 シンコーミュージック
作詞
作曲 ジョージ・ガーシュウィン
編曲
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 5ページ
サイズ 740.7KB
掲載日 2006年11月24日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
1924年当時、ジャズ王として人気を誇っていたポール・ホワイトマンの「ジャズ風の協奏作品を作曲して欲しい」という依頼によって作曲された。曲はタイトル通りラプソディックな作品だが、作品全体を支配しているのは、曲名にある「ブルー」な要素である。この「ブルー」とは、色のことではなく、ブルースの語源となった「憂鬱な」「陰気な」を意味する語である。●アレンジャーからのアドバイス:思い切り良く、自由に弾いて下さい。48小節目からは原曲でも最後のクライマックスです。急がず堂々と弾いて下さい。56~59小節目左手の内声をきれいに出して、全体的にたっぷりと余裕を持って弾くように心がけましょう。曲の最後に向かってどんどん音が増えていきます。よく響かせて弾いてみましょう。