オペラ(セビリアの理髪師)より[私は町の何でも屋]:ロッシーニ | ピアノ・ソロ譜 中級 | 提供:シンコーミュージック の楽譜詳細

「オペラ(セビリアの理髪師)より[私は町の何でも屋]」ロッシーニ / ピアノ・ソロ譜 中級 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
324円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
480円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル オペラ(セビリアの理髪師)より[私は町の何でも屋]
原題
アーティスト ロッシーニ
ピアノ・ソロ譜/中級
提供元 シンコーミュージック
作詞
作曲 ロッシーニ
編曲
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 7ページ
サイズ 714.4KB
掲載日 2006年11月24日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
ロッシーニはイタリア初期ロマン派歌劇の最大の作曲家。理髪師のフィガロの機転のきいた立ち回りで、伯爵と街一番の美女が結ばれるというストーリー。“ロッシーニ・クレッシェンド”や軽快なメロディーが全編にちりばめられている。このオペラの後日談がモーツァルトの『フィガロの結婚』であることはよく知られている。●アレンジャーからのアドバイス:17小節目からはメロディーにスタッカートが多用されています。これは木管楽器の短いタンギングをイメージしてアレンジされたものです。ピアノで弾く場合、手を上下させるとたいへん弾きにくくなってしまいます。軽く音と音の間を切るような気持ちで弾くとうまくいくでしょう。pとfの差が明確に演奏できると、いっそう古典的な雰囲気が出てきます。