「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第2楽章:モーツァルト | ヴァイオリン譜 | 提供:シンコーミュージック の楽譜詳細

「「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第2楽章」モーツァルト / ヴァイオリン譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
216円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
240円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
216円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より第2楽章
原題 Serenade No.13 “Eine Kleine Nachtmusik” in G Major, K.525 2nd movt.
アーティスト モーツァルト
ヴァイオリン譜
提供元 シンコーミュージック
作詞
作曲 モーツァルト
編曲
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 2ページ
サイズ 403.9KB
掲載日 2008年1月15日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
タイトルの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」とは「アイネ=1つの」「クライネ=小さな」「ナハトムジーク=夜の音楽」という意味です。またセレナードとは「夕べの音楽」という意味で、「ナハトムジーク」と同じ意味です。モーツァルトはセレナードを多数作曲していて、この曲種の形式を完成させた作曲家と言えるでしょう。セレナードは当時、娯楽や祝祭の音楽として、貴族の依頼でたくさんの作曲家によって作られました。ただしモーツァルトのこの曲は第1楽章でも触れましたが、注文を受けて作られたものではないので、非常に特殊です。もしかしたら、亡き父レオポルトを音楽晩餐に招待するような、個人的な想いを胸に作曲したのかも知れませんね。曲名に「ト長調」とありますが、曲中の第2楽章にあたるこの楽曲部分はハ長調です。音源は、メロディーのガイド付き伴奏音源です。