「I Could Write a Book(フルスコア+全パート譜) / Les Brown and his Band of Renown」のビッグバンド譜 | 楽譜提供:楽譜仕事人PAG

「I Could Write a Book(フルスコア+全パート譜)」Les Brown and his Band of Renown / ビッグバンド譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 4320円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル I Could Write a Book(フルスコア+全パート譜)
原題
アーティスト Les Brown and his Band of Renown
楽譜の種類 ビッグバンド譜 提供元 楽譜仕事人PAG
作詞
作曲 Richard Rodgers
編曲 北川 祐
ジャンル ジャズ
作成法 データ
テーマ
年代 1940年代
ページ数 47ページ
サイズ 1.1MB
掲載日 2016年2月17日

この曲・楽譜について

フルスコアと各パート譜のセットです。サンプルはスコアとパート譜(一部)の1ページ目です。
■編成:Full Score/A.Sx1.2/T.Sx1.2/B.Sx/Tp1~4/Tb1~4/Gt/Pf/Bs/Drs
■編曲者コメント:I Could Write a Bookは、1940年ジーン・ケリー主演のミュージカル「Pal Joey」での作曲。その後ジャズのスタンダード・ナンバーとして演奏し続けられている。演奏はLes Brown and his Band of Renownとして親しまれた1930年台を始点とするSwing Jazz時代の高名な人気バンド。当スコアは1960年台の作品でLP「The Richard Rodgers BandBook」によるものだが、CDではLP2枚が統合された「The Lerner And Loewe BandBook+The Richard Rodgers BandBook」となっている。
このアレンジでは最後の18小節を半音上(A)転調して終わらせているが、ここではあえて転調せずそのままのキーで通している。A:Majorというキーはジャズ・アンサンブルではあまり馴染みの深いキーではなく、スムースな演奏を期すためとご理解いただきたい。アドリブ・ソロはT.Sx(採譜)。