「Mood Indiego(フルスコア) / Les&Larry Elgart Orchestra」のビッグバンド譜 | 楽譜提供:楽譜仕事人PAG

「Mood Indiego(フルスコア)」Les&Larry Elgart Orchestra / ビッグバンド譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 1080円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 1440円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル Mood Indiego(フルスコア)
原題
アーティスト Les&Larry Elgart Orchestra
楽譜の種類 ビッグバンド譜 提供元 楽譜仕事人PAG
作詞
作曲 Duke Ellington/Barney Bigard/Irving Mills
編曲 北川 祐
ジャンル ジャズ
作成法 データ
テーマ
年代 1930年代
ページ数 8ページ
サイズ 598.4KB
掲載日 2018年2月9日

この曲・楽譜について

フルスコアの単品販売です。パート譜とのセット販売、パート譜のみの単品販売もあります。サンプルは先頭2ページです。■編曲者コメント:編成 Full Score /A.Sx1(S.Sx).2 /T.Sx 1.2/ B.Sx / Tp1.2.3.4/ Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs. (カッコ内は持ち替え楽器)
Mood Indigo(ムード・インディゴ)はDuke Ellington(デューク・エリントン)1930年の作曲。その後「エリントンといえばこの曲」と言われるほど長く演奏され続けてきた。
演奏は兄弟による双頭バンドで知られるLes & Larry Elgart Orchestra (レス・アンド・ラリー・エルガート・オーケストラ)。双頭の兄(Les)はトランペット、弟(Larry)はアルト・サックスを担当するが、特にサックス・セクションの独特な乗り方は一聴に値する。このバンドのもう一つの特徴はピアノを使用しないピアノレス・バンドで、高度なアレンジのものが多く、収録は1960年代。この曲では終始Bass Tbの低音が活躍するアレンジとなっている。ソプラノ・サックスの持ち替え部分のサックス・セクションはできるだけソフトに演奏したい。