「Love is Here to Stay(わが恋はここに)(採譜ver) / Tony Bennett and Diana Krall」のピアノ・伴奏譜(弾き語り)(中級) | 楽譜提供:林知行

「Love is Here to Stay(わが恋はここに)(採譜ver)」Tony Bennett and Diana Krall / ピアノ・伴奏譜(弾き語り)(中級) 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 550円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 720円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) 176円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル Love is Here to Stay(わが恋はここに)(採譜ver)
原題
アーティスト Tony Bennett and Diana Krall
ピアノ・伴奏譜(弾き語り) / 中級 提供元 林知行
作詞 Ira Gershwin
作曲 George Gershwin
編曲 Tomoyuki Hayashi
ジャンル ジャズ
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 6ページ
サイズ 532.5KB
掲載日 2019年10月17日

この曲・楽譜について

■編曲者コメント:ガーシュウィン兄弟(作詞は兄Ira・作曲は弟George)による名曲。トニー・ベネットとダイアナ・クラールの素敵なデュエットを聴きピアノ伴奏譜(採譜)にまとめました。ピアノ・トリオによるしゃれた歌の伴奏の手本となるでしょう。このピアノ演奏で弾き歌いは困難と思いますのでコードをシンプルにアレンジして別売のピアノ弾き歌い譜(アレンジ)とメロディ譜にまとめてあります。録音のイン・テンポはピアノ・トリオが伴奏する[C]からですが、テンポ表示を記載した2小節前からイン・テンポに感じるとよいでしょう。70はかなり遅いのでもう少し早くても良いと思います。なお冒頭のバースは自由なテンポで歌います。その様子はピアノ伴奏譜(採譜)およびピアノ弾き歌い譜(アレンジ)の参考音を聴いてください。■音源は模範演奏の音源です。ヴォーカルパートはシンセ音となっています。■編曲者林知行さんのページはコチラです⇒Hearts Music