四季の歌:芹 洋子 | ギター・ソロ譜 | 提供:中央アート出版社 の楽譜詳細

「四季の歌」芹 洋子 / ギター・ソロ譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
108円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
150円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル 四季の歌
原題
アーティスト 芹 洋子
ギター・ソロ譜
提供元 中央アート出版社
作詞
作曲 荒木 とよひさ
編曲 岩見谷 洋志
ジャンル J-POP・歌謡曲など
作成法 データ
テーマ
年代 1970年代
ページ数 2ページ
サイズ 719.5KB
掲載日 2004年6月4日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
昭和39年荒木がスキーで怪我をして入院したとき、看護婦さんたちにお礼を込めて作った歌。ラジオニッポンの中国向け日本語講座の教材として使われたため、中国でも盛んに歌われている。2段目までが前奏、5段目1・2小節が間奏、3・4小節が後奏になります。2段目・1小節目の和音はimaを同時に弦に触れておき、i、m、aの順に弾きます。2段目・3小節目・3拍目の左手の移動するところが、やや難しいところです。3弦ラを押さえていた3指を軽くすべらせて3弦4フレットに置くと同時に、2指を2弦3フレットに押さえます。左手の親指も力を抜いて一緒に移動します。