モンタギュー家とキャピュレット家~交響組曲「ロメオとジュリエット」より:プロコフィエフ | ピアノ・ソロ譜 上級 | 提供:リットーミュージック の楽譜詳細

「モンタギュー家とキャピュレット家~交響組曲「ロメオとジュリエット」より」プロコフィエフ / ピアノ・ソロ譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷)
432円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷)
540円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3)
(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma)
(税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル モンタギュー家とキャピュレット家~交響組曲「ロメオとジュリエット」より
原題
アーティスト プロコフィエフ
ピアノ・ソロ譜/上級
提供元 リットーミュージック
作詞
作曲 Sergey Prokofiev
編曲 狐野森 静
ジャンル 洋楽(その他)
作成法 データ
テーマ
年代 1930年代
ページ数 5ページ
サイズ 863.0KB
掲載日 2014年3月20日
▼さらに詳しい情報を表示する
この曲・楽譜について
1937年発表、Op.75-6「バレエ「ロメオとジュリエット」からの10の小品」の6曲目。セルゲイ・プロコフィエフの作品です。ピアノスタイル特集もご覧ください!■出版社コメント:「ピアノスタイル2007年2月号」より。ロシア近代音楽の巨匠であるプロコフィエフの作品で、シェイクスピアの悲劇『ロメオとジュリエット』を題材としたバレエ音楽。第2番第1曲のこの作品は、大公の宣言、騎士達の踊り、ジュリエットとパリスが踊るシーンで構成され、弦楽器による不穏な主題と管楽器の暗い音の響きが“悲劇”の背景を暗示しているかのようです。■歌詞なしの楽譜で、最初のページに演奏のアドバイスがついています。
この曲に関連する他の楽譜をさがす
キーワードから他の楽譜をさがす