「G線上のアリア アルペジオBGM ver. / J.S.バッハ」のピアノ・ソロ譜(初中級) | 楽譜提供:楽譜仕事人PAG

「G線上のアリア アルペジオBGM ver.」J.S.バッハ / ピアノ・ソロ譜(初中級) 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 330円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 360円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル G線上のアリア アルペジオBGM ver.
原題
アーティスト J.S.バッハ
ピアノ・ソロ譜 / 初中級 提供元 楽譜仕事人PAG
作詞
作曲 J.S.バッハ
編曲 高橋 美夕己
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 4ページ
サイズ 479.0KB
掲載日 2014年2月18日

この曲・楽譜について

通称「G線上のアリア」は管弦楽組曲第3番の中の曲ですが、この曲をヴァイオリンのもっとも低い弦、G線を生かしたウィルヘルミのアレンジがあまりにも有名になって、この曲はこの通称で呼ばれることが多くなったものです。■編曲者コメント:弦楽アンサンブルで演奏されることが多い曲ですが、減衰音であるピアノで弾いても淀みなく流れるように、アルペジオを基調としてアレンジしました。Keyも、ピアノが美しく響く音域を考えて、in Gとしました。メロディーは、冒頭から2小節と1拍分伸ばします。ピアノの音は減衰して行きますが、左手のアルペジオで表情を付けましょう。【B】のアタマでは、音を持続させるために装飾音を使って弾き直しをします。ピアノならではの遊び心を持って弾いてみてください。右手は、2声の部分が多くなっていますので、音量のバランスをコントロールしましょう。参考音源