「シンコペーテッド・クロック(弦楽合奏フルスコア+パート譜) / Leroy Anderson」のアンサンブル譜 | 楽譜提供:アール・ワン企画

「シンコペーテッド・クロック(弦楽合奏フルスコア+パート譜)」Leroy Anderson / アンサンブル譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 1100円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 1440円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) 220円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル シンコペーテッド・クロック(弦楽合奏フルスコア+パート譜)
原題 The Syncopated Clock
アーティスト
楽譜の種類 アンサンブル譜 提供元 アール・ワン企画
作詞
作曲 Leroy Anderson
編曲
ジャンル クラシック
作成法 データ
テーマ
年代 1940年代
ページ数 15ページ
サイズ 687.3KB
掲載日 2017年6月2日

この曲・楽譜について

フルスコアと各パート譜のセットです。パートは、Violin I、Violin II、Viola、Violoncello、Double Bassです。サンプルは、スコアと各パート譜の1ページ目です。音源は模範演奏音源です。■編曲者コメント:ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。「シンコペーテッド・クロック」はアンダーソンによる1946年の作品です。タイトルのシンコペーテッドとは音楽用語のシンコペーションのことで、リズムや拍をずらしてメリハリをつける方法のことです。打楽器付きの弦楽合奏にアレンジしました。曲中では、打楽器のウッドブロックがコツコツと時を刻みますが、4小節目にシンコペーションが入り独特のコミカルさとユーモアを生み出しています。ゆったりとしたリズムにのって目覚まし時計のベル音やカウベルなどが登場する大変楽しい曲です。