「What a Wonderful World(全パート譜) / Les&Larry Elgart Orchestra」のビッグバンド譜 | 楽譜提供:楽譜仕事人PAG

「What a Wonderful World(全パート譜)」Les&Larry Elgart Orchestra / ビッグバンド譜 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 3300円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 0円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) (税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル What a Wonderful World(全パート譜)
原題
アーティスト Les&Larry Elgart Orchestra
楽譜の種類 ビッグバンド譜 提供元 楽譜仕事人PAG
作詞
作曲 George Douglas/George Weiss
編曲 北川 祐
ジャンル ジャズ
作成法 データ
テーマ
年代 1960年代
ページ数 18ページ
サイズ 853.1KB
掲載日 2018年3月23日

この曲・楽譜について

全パート譜の単品販売です。フルスコアとのセット販売、フルスコアのみの単品販売もあります。サンプルは一部のパート(9パート)の1ページ目です。■編曲者コメント:編成 Full Score /A.Sx1.2 /T.Sx 1.2/ B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs.
What a Wonderful World (ウォット・ア・ワンダフル・ワールド)は、1967年 Robert Thiele(ロバート・シール)とGeorge Weiss(ジョージ・ワイズ)の共作によるポピュラー・ソング。同年ルイ・アームストロングによってレコーディングされてヒットしたが、現在なおコマーシャル・ソングとしても人気が高い。
演奏は兄弟による双頭バンドで知られるLes & Larry Elgart Orchestra (レス・アンド・ラリー・エルガート・オーケストラ)。双頭の兄(Les)はトランペット、弟(Larry)はアルト・サックスを担当するが、特にサックス・セクションの独特な乗り方は一聴に値する。このバンドのもう一つの特徴はピアノを使用しないピアノレス・バンドで、高度なアレンジのものが多い。収録は1960年代のLP The Wonderful World (ザ・ワンダフル・ワールド)。当譜ではゆったりとしたSlow Swingで、サッチモの歌声を思い出しながら演奏すれば楽しさは倍増するでしょう。ソロはTpによるフィルインと、T,Sxのアドリブ。