「It’s only a Paper Moon(ハード・スウィング・スタイル) / Harold Arlen」のピアノ・ソロ譜(初中級) | 楽譜提供:林知行

「It’s only a Paper Moon(ハード・スウィング・スタイル)」Harold Arlen / ピアノ・ソロ譜(初中級) 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 220円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 320円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) 176円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル It’s only a Paper Moon(ハード・スウィング・スタイル)
原題
アーティスト
ピアノ・ソロ譜 / 初中級 提供元 林知行
作詞
作曲 Harold Arlen
編曲 Tomoyuki Hayashi
ジャンル ジャズ
作成法 データ
テーマ
年代
ページ数 3ページ
サイズ 487.2KB
掲載日 2020年4月24日

この曲・楽譜について

■編曲者コメント:1933年のミュージカル「グレート・マグー」の挿入歌として作られヒットしたスタンダード・ナンバー。1933年映画「テイク・ア・チャンス」そして1973年映画「ペーパー・ムーン」では主題歌となりました。これをハード・スウィング・スタイルのソロピアノ譜にアレンジしました。2ビートの基本は拍頭でしっかりベース音を弾くこと。寸前に次コードの5th、直後にコード・トーン(単音や断片も可)を弾んだ(スウィングした)感じで弾きます。弾み方(スウィング・レイト)はテンポが遅くなると三連符(2:1)より深く(重く)なり、ハード・スウィングとかヘビー・スウィングと言います。同時発売の録音は7:3で演奏しています。ジャズに限らずソロ・ピアノの左手に10th(10度音程)を使うと豊かな響きを楽しめます。基本の運指はroot先行でも5th先行でもroot(5指)、5th(2指)、3rd(1指)です。■音源は、模範演奏音源です。■編曲者林知行さんのページはコチラです⇒ Hearts Music