楽譜のダウンロードとコンビニ印刷✨最新ヒット曲から絶版の楽譜まで、1曲110円から!
楽譜のダウンロードとコンビニ印刷✨1曲110円から!
🎸

DOWN TOWN https://www.youtube.com/embed/rG75mcEWyqo シュガー・ベイブ   ベース・ソロ譜   / 提供: リットーミュージック

¥440

¥560

作詞
   
作曲
山下 達郎    
編曲・アレンジ
渡辺 直樹    
楽譜の種類
🎸 ベース・ソロ譜    
楽譜提供元
リットーミュージック  

この曲・楽譜について

歌詞なし、TAB譜付きのベース・スコアです。最初のページに演奏のアドバイスが記載されています。
■出版社コメント:シュガー・ベイブがやっているとは知りませんでしたが、この曲はもともと知っていました。それであとから調べるとこのバンドには山下達郎と大貫妙子がいた、と。この曲はいろんな人がカバーしていて、僕もそれで何度かベースを弾いたことがあったんです。だからすごく馴染み深い感じがあります。メジャー・セブンスの感じがやっぱりシティ・ポップっぽいですよね。全部のコードがメジャー・セブンスなんですよ。その豊かな音の響きがシティ・ポップらしさだと思います。
 山下達郎さんのソロ作品は緻密に作られた上質なグルーヴが特徴的ですが、この曲に関してはグルーヴィではあるけど、もっとラフなスタイルでジャム感のある演奏をしていて。楽器同士のちょっとしたズレもそのまま生かして、それがバンドの独特なグルーヴになっている。たぶんみんなでヘッド・アレンジをしていると思うんですよ。アレンジャーを立てて緻密に構築したものとはまた違ったノリの良さがありますよね。
 今回のアレンジでは、例えばイントロの印象的なセブンス・コードやキメ・フレーズなど、キャッチーな部分はまず生かして、いろいろなところにモチーフを散りばめるということを意識しています。あのモチーフがなくなるとこの曲じゃなくなると思うんですよ。あと、原曲が持つノリのあるグルーヴ感に関しても取り入れつつ、今までの“ソロ・ベースのしらべ”に多かったゆったり感も混ぜていて、絶妙なバランスのリズムになっていると思います。このリズム面に関しても原曲が持つキャッチーな部分ですよね。※この楽譜は「ソロ・ベースのしらべ あの頃のシティ・ポップ篇」(株式会社リットーミュージック)からの出典です。一部、刊行当初の記載がございますのでご了承ください。    
キーワード
ジャンル
J-POP・歌謡曲など  
作成法
データ
テーマ
年代
ページ数
3 ページ
サイズ
523.84KB
掲載日
2022年10月14日

カートに追加

DOWN TOWN

シュガー・ベイブ

ベース・ソロ譜  

¥440

¥560

ダウンロードとコンビニ印刷の違い?
ページトップへ