「Wenn der weisse Flieder wieder bluht(すみれの花咲く頃) / 宝塚歌劇団」のピアノ・ソロ譜(中級) | 楽譜提供:林知行

「Wenn der weisse Flieder wieder bluht(すみれの花咲く頃)」宝塚歌劇団 / ピアノ・ソロ譜(中級) 楽譜サンプル画像
楽譜(自宅のプリンタで印刷) 440円 (税込) PDFダウンロード
楽譜を買い物かごに入れる
楽譜(コンビニで印刷) 600円 (税込)
コンビニで印刷する
参考音源(mp3) 176円(税込)
音源(mp3)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(mp3)を買い物かごに入れる
参考音源(wma) (税込)
音源(wma)を買い物かごに入れる
楽譜と参考音源(wma)を買い物かごに入れる
タイトル Wenn der weisse Flieder wieder bluht(すみれの花咲く頃)
原題
アーティスト 宝塚歌劇団
ピアノ・ソロ譜 / 中級 提供元 林知行
作詞
作曲 Franz Doelle(フランツ・デーレ)
編曲 Tomoyuki Hayashi
ジャンル 洋楽(その他)
作成法 データ
テーマ 映画主題歌・挿入歌
年代
ページ数 5ページ
サイズ 501.7KB
掲載日 2020年7月8日

この曲・楽譜について

1928年公開のレヴュー「なんと驚いた-1000人の女」劇中歌です。日本では、1930年初演の宝塚歌劇団「パリゼット」主題歌で、「リラの花咲く頃」のタイトルでも有名です。
歌詞なしの楽譜です。
■編曲者コメント:宝塚歌劇団と言えばこの歌、「パリゼット(初演1930年)」主題歌として有名になりました。原曲は「再び白いライラックが咲いたら(原題:Wenn der weisse Flieder wieder bluht)」、作詞:フリッツ・リッター、作曲:フランツ・デーレ、1928年ベルリンで上演されたレビュー「なんと驚いた-1000人の女」の劇中歌として発表されました。これをピアノソロで楽しめる様にアレンジしました。[F]6小節目右手の五音の和音は下の二音を親指で弾きます。エンディングは「葦原邦子宝塚を歌う(1976年)」のために管野光亮が書いたアレンジにアイディアを得ています。■編曲者林知行さんのページはコチラです⇒Hearts Music